新作カット袋を試行中…。

  • 2020.01.24 Friday
  • 15:51
デジタル作画になって不便になったなぁ〜と思うのは、ファイルを開くまで中身がわからないこと。
アナログ管理の時だって、仕上がりは袋から中身を出して確認していたのですが、カット袋の表紙に必要な情報は記載されているし、カット袋の厚みから「原画枚数の多い・少ない」は想像がつきます。
モノがかさばるぶんだけ、各作業者の手元の数も、パッと見の可視化がされている。
デジタル作画に切り替えて、ワークフローとしての効率化は進んだものの、データをサーバ上で開くとまだタイムロスが生じるので、自分のデスクトップへコピーしてからツールを立ち上げてファイルを開く等、カットの確認にはアナログよりも時間がかかるようになりました。
ただ『中身の確認に時間がかかる』というのは現時点で変えようがないので、ならば『かかる時間の使い方を考えた方が良い』と、落ち着いたのはチェックを複数人で同時に行う方式。
原画上がりは当日、管理責任者全員で中身の確認をし、修正どころをその場で確定して、必要なスタッフが持ち帰るという形に切り替えました。
こちらはなかなか按排良さそうですが、生産効率がどれ位上がるのか、結果が見えてくるのはもう少し先になりそうです。
そして、今作からは「どうせカット袋に中に入っているのはシートだけなんだから、封筒じゃなくても良いんじゃない?」と、透明なクリアファイルにタイムシートを入れて回して貰うことにしてみました。
タイムシートの表書きにあたる部分をシートの裏側に印刷してしまえば、カット袋を開けるまでもなく、カット袋の表書きもシートも一望が出来るはず。
カットを持っている作業者は一度中身を確認してから手元に持つので、タイムシート裏にコンテを貼り付けてシートがパッと見れれば、「このカットはココを修正すれば良かったよな」と確認もしやすいのではないかと考えた訳です。
使い勝手等、現場の意見を反映しながら調整をしていくのは今後の作業ですが、ツルツルしていて滑りやすいかな?…という一点が、私自身が考えている現状の懸念事項。
良い材質のものがありましたら、是非、御紹介下さい!

【てーきゅう】チュウニズムで『てーきゅう』イベントやってます!

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 18:04
先週の1/9(木)より、チュウニズムにて、【「てーきゅう」リバイバルイベント】が開催されています。
「てーきゅう」コラボイベントに、マップが追加されて再登場!
私は、学生時代に一生懸命音楽の勉強をしていたような気がするのですが、気持ち良く歌を歌ったりピアノを弾いていると、どんどんメトロノームとズレていくリズム音痴。。。
それでもこういうゲームは楽しくて、時々新宿の『タイトーステーション』で遊んでいます。先日も一人で「とりゃうりゃ」言いながら遊んで来ました。まだやっているので、また行きます!!
もし40代のおばさんが一人でバタバタしているのを見かけたら、恥ずかしいので、遠くで生暖かく見守ってやって下さい。笑。
…ということで、今回のイベントは、1/9(木)〜2/5(水)までの4週間!!
もうあと2週ちょっとですが、面白いので、是非遊んでみて下さいね!!
制作:白石でした。

ACTF2020

  • 2020.01.17 Friday
  • 13:30
今年も、『ACTF2020』の情報開示が始まりました。
ACTF(アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム)は、『アニメーション制作にかかわる制作者が必要とするデジタル制作技術に関する情報獲得の機会を提供する』事を目的として、一般社団法人日本アニメーター・演出協会、株式会社ワコム、株式会社セルシスが主催・共催で行っている催しで、業界関係者向けの技術フォーラムです。

 

詳細プログラムの公開はまだのようですが、2/9(日)、練馬区立石神井公園区民交流センターにて開催予定とのこと。
詳しくはこちら↓
http://www.janica.jp/course/digital/actf2020.html

 

 

丸一日、事例紹介やツール展示・セミナーと同時進行で行っている為、何も考えずに行くと、一日があっという間。
なにせ新しい挑戦事例は、成功したことも、失敗したことも、話を聞くのは非常に楽しい。
自分が考えるコトなんて、大概、他の誰かも考えているコト。
似た事例は自社でも応用が出来そうな気がするし、全く新しいコトだと刺激があってワクワクするし。

 

 

…と云いつつ、全てを持ち帰るのも難しいので、プログラム公開の後、自社の成長段階に必要そうなプログラムを捜して、「コレとコレだけ見よう!」と時間を決めて伺うのが、私としてはおススメです。

 

 

今年も様々な事例が終結しているようなので、きっと必要な何かが転がっているはず…。非常に楽しみです!!

 

スタッフ募集

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 14:09
おはようございます。制作の白石です。

 

決算月が10月なので、いつも忘れてしまう創立記念日ですが、弊社の設立登記は2013年の1月18日でした。
…なので、今週の金曜日にて丸7年が終了し、土曜日からは8年目に突入です。

 

そして!!

 

昨年、弊社に在籍の麗太朗さんを中心に、社外のスタッフさんやアニメーターの希望者を募って『漫画』を描きました。継続的にお仕事が頂けそうなので、『漫画』や『イラスト』等を中心に行う部署を起こし、アニメ制作とも横断的に参加出来るようにしていきたいと考えています。
まずは簡単なアシスタント業務からの募集になりますが、募集職種に『漫画アシスタント』という項目を追加しました。
新設部署なので模索も多いと思いますが、『漫画』や『イラスト』を中心に、作品創りに参加しながら、一緒に会社を成長させてくれる仲間を募集します!「我こそは!」と思う奇特な方は、是非、御応募下さい。

 

作画も変わらず募集中。
新人の作画さんも、デジタル作画を覚えたいという経験者の方も歓迎です。
まだ制作発表前ですが、年明けからの社内作業は、発表前の自社作品がメインで回っています。

 

又、ワークフロー開拓もあって、昨年は募集を打ち止めていた『制作』職種も、『演出助手 兼 制作』という形で、若干名の募集を開始します。

 

「事前に正解はわからないし、『今回』の正解が『次回』も正解かはわからない。 常に『目標』は一段高く掲げ、『意識』はゼロベースに戻して動こう!」…なんて、毎回違う事を考えながら動くしんどい制作理念を強行していますが、それらを当然のこととして協力してくれる、向上心と協調性の高いスタッフがそれぞれ現場の軸として立ち始めた7年目。
「新人を付けて貰えれば、面倒見ますよ」と手を挙げてくれるスタッフが出て来て、じゃあ、募集拡大してみるね…となった今日この頃です。

 

『ミルパンセ』の命名意図は『千の想い』。
沢山のスタッフが、それぞれの役割で活躍できる現場になれるよう、8年目も頑張っていきます。
どうぞ、宜しくお願い致します!

 

2020年の課題

  • 2020.01.11 Saturday
  • 17:47
久しぶりに、デジタル作画についてのブログです。

 

昨年、ちょっと手すきになったところで、シャフトさん、ライデンフィルムさん、神風動画さん、キネマシトラスさん、サイエンスサルさん、他、あちらこちらの作品に参加させて頂きました。
作画パートグロス請けだったり、ピンポイントで作監や原画・二原・動仕だったり、CT用のコンテ撮だったり…。
弊社は、ラインが一ラインの為、作品と作品の隙間にこういう時期が必ず出来てしまうのですが、昨年からは考えられないほど、気づけばどこもデジタル作画の整備が進んでいました。
切り替わり始めるとあっという間ですね〜。どちらかというとアナログとデジタルが混在している会社さんほど、会社間での使用ソフト相違や、フリーの方達との統一を図る為、かなりしっかりした注意事項を作成されている印象です。
弊社は、実はその辺りが緩く…大変勉強になりました!!

 

さて、現在、目下弊社が進めているのは、社内にある作業のタスク分解です。
総務・経理から、制作、演出、作画や仕上げまで、社内にある作業の全体を、

 

.泪縫絅▲襪気┐△譴弌誰がやっても同じ結果になる作業。
基本は定型だけれども、一定の合格ライン経験が必要な作業。
8朕佑離札鵐垢箋蚕僉経験によって結果が必ず変わる作業。

 

の三段階に切り分けようと動き始めました。

 

デジタル化の良いところは、情報共有が早いところ。
同じデータを複数の人が見て、一緒に話をしたり、共同で作業をすることが可能なこと。
…であれば、作業者のちょっとした手すき時間に、チェック作業者の_媾蠅世韻任眇覆瓩凸磴Δ叛源左率が上がるだろう、というようなコトを狙っています。
また、『新人スタッフは多少時間がかかっても,鉢△麓力で対応して貰う。チェック工程で作業をするのはのみ。』と決めてしまう事で、スタッフそれぞれがにあたる作業に時間を割けるようになるのではないかと目論んでいます。

 

昔話に花を咲かせても仕方ないのですが、20年前はデジタル作画なんて対応していませんでしたが『リテイク』・『やり直し』という形で、 Ν△郎邏伴塰椰佑対応していたはずで、全く新しい試みでもなんでもないのですが…。

 

…と、まあ、そんな事を目標に掲げ、2020年が始まりました。
これらをタスクとして切り分けられれば、,鬘丕辰貿い擦蕕譴襪茲Δ縫廛蹈哀薀爐鯀箸爐海箸皺椎修世蹐Δ…。

 

まずはそんなこんなで、現在の作品制作フローの延長上ではありますが、今年も頑張っていきます。4月に新人さんを迎える頃には、安心して先導出来るフローに育っていると良いなぁ…。

 

明けましておめでとうございます!

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 11:20
明けましておめでとうございます!
皆さん、年末年始は、ゆっくりお休み出来ましたでしょうか?
ミルパンセは12/29(日)-1/5(日)までの一週間がお休みだったので、私自身も名古屋の主人の実家へ帰省し、そのまま京都へ回り、元上司や制作の仲間たちと、楽しくおしゃべりをして来た1年の始まりでした。

 

以前、猫の手さんがブログで書いていたような気もするのですが、『COP CRAFT』で、スタッフに銃器の取り扱いを覚えて貰おうと、吉祥寺の『シューティングバーEA』を貸して頂き、ガイナックス京都の武田康廣さんに講師を頂いた事がありました。
細かなパーツや、それらが何の為にあるのか。姿勢や段取り。撃つ時のコツ。
1日だけの体験でしたが、撮らせて頂いたムービーや写真も参考にさせて頂きながら、作品制作を行ったんですね。

 

そんなこんなで、「終わったら遊びに行くね」という約束の元、訪れたガイナックス京都さんは、鴨川沿いの専門学校の中にありました。『京都コンピュータ学院』。アレ、私、GAINAXで制作をしていた時期に、ココのCMを作らせて頂いた事があるぞ。そっかー、アレも武田さんが講師をしていたからこそ来た仕事だった訳で、『縁』って本当に凄いなぁー。。。

 

さて、昨年は9月一杯で『COP CRAFT』を抜け、10月〜12月は、細かく色々な他社作品に参加をさせて頂きました!
年明けからは、いよいよ自社作品の現場が本格化。今年も、実りの多い1年となるように、頑張りたいと思います。

 

宜しくお願い致します!!

 

制作:白石でした。

 

 

コップクラフト Blu-ray&DVD3巻 発売告知

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 13:17
すっかりご無沙汰しています。
もう年越しまで1週間のカウントダウンなんて、信じられないわー。。。
時間が過ぎるのは、本当にあっという間です。(←もう口癖になってる…)

 

さて、明日、12/25(水)には、「コップクラフト」Blu-ray&DVD3巻が発売。
なんと第3巻には、村田蓮爾先生描きおろし全話収納BOXが付いています!!
是非、お買い求め下さいー!

 

 

制作:白石でした。

 

とりとめのない…

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 13:22

『コップクラフト』Blu-ray&DVD第二巻が、先週11/20(水)に発売されました!
第二巻の納品は、最終話納品の3日後のこと。
9月は、ココまでスタッフに頑張って貰ってから、作品休暇を迎えました。
ポニーキャニオンのプロデューサーさんが、段取りを周到に取って下さったおかげで、ギリギリまで時間を頂けて、放送時よりも格段見やすくなっているはずです。
是非、ご覧下さい!

同じく11/20(水)と言えば、『コップクラフト』の打ち上げでした。
原作者の皆さんや、キャストの皆さんと、社内スタッフが談笑出来る現場になって、本当にホッとしました。
ビンゴで賀東さんが当てたルンバが、「スタジオで使って下さいよ! 広い床は、使い勝手良いはずですから〜」と弊社にやって来たのはビックリ。
重宝させて頂きます!

制作:白石でした。

気づけば、あっという間に11月です!

  • 2019.11.01 Friday
  • 16:35
お久しぶりです。制作の白石です。
先月は、『COP CRAFT』BDリテイク対応の1カ月でした。

今、私の頭の中は『2023年開始のインボイス制度』で一杯。

社員の時給が¥1,000を越えていることも含め、もう『作画のデジタル化』だけでは追い付かない!!…と、新しいワークフローの開拓に必死です。当然BDリテイクの回しも、リテイク対応をしながら、社内の生産アベレージを計算し、ワークフローの確立を目指して動いていました。

朝10時に会議室で原画上がりを監督とチェック。原画さんにリテイクで戻すもの、作監さんへ調整をお願いするもの、そのまま動仕に回すものの区分けをし、動仕に回すものは社内でやれるものと、社外に出した方が良い物の区分けをTP作監さんと相談。

11時〜昼過ぎには大半のスタッフが出社してくる為、それぞれへ素材を回して、その日の作業にINします。
20時には、TP上がりをTP作監さんがまとめてくれて、監督と一緒に、会議室でTP上がりのチェック。OKカットは翌日のセル検査回し。NGカットはTP作監さんが持ち帰って再修正。
21時頃、原画さんや作監さんから、当日の上がりを回収。翌日の原画チェック準備をしたところで、1日が終了。
毎日のチェックタイミングを10時過ぎと20時過ぎに決め、手すき気味のスタッフが、その時間に社内にいる場合は、一緒に立ち合って貰っていました。

このやり方は、複数の人の目でカットを確認する分、PDCAサイクルを早くに回すという意味では、ちょっと良かった気がします。『社内にスタッフが居るから出来るコト』という意味でも、会社に集まる意味が出て、良い気がする。


そんなこんなであっという間に時間が過ぎた気がしますが、気づけばBD&DVDの第一巻も発売!



…から既に一週間経っていました…。汗。
収録話数は#01〜#04。
特典は、第一話絵コンテ集、ノンクレジットOP映像、さらに2019年12月1日開催のイベントチケット優先販売申し込み券。
是非、ゲットして下さい!

 

そして現場はBDリテイクも終了し、少々ゆったりした期間に入っています。

 

本当は、引き続き淡々と数字を積み上げて行きたいところですが、全員が一つの仕事をしているって、こういうコトなんですよね。
次作品のコンテ作業を淡々と進める監督と、設定起こしのチームスタッフ。その他のスタッフは、「今だ」と言わんばかりに有給消化をしたり、他社から動仕のお仕事を頂いたり…の毎日です。
あっ、でも! 「会社でコンテンツを創れるようになると良いよね」と、スタッフ数名が、漫画を描き始めました。新たなチャレンジが、早く日の目を見ると良いなぁ…!
そして、「CGを下敷きに出来ると良いよね」と『Blender』をお勉強中のスタッフや、「動仕が効率的に生産出来るかも?」と『Adobe Animation』をお勉強中のスタッフも…。

 

私自身は、来月から古紙回収にもお金がかかるようになるそうなので、次作品の立ち上げをしながら、隙間時間を使って、紙素材の整理と廃棄に追われる毎日になりそうです。


目の前の作業に追われる感覚が減って、ちょっと気が抜けたのか、社内では風邪が流行り始めました。
ここのところ急に寒くなって来たので、皆さんも体調管理はお気をつけ下さい!

それではまた。

制作:白石でした!

 

「COP CRAFT」遂に最終回です!

  • 2019.09.30 Monday
  • 10:00

【COP CRAFT】第11話「TRANSITIONAL CRISES」を御覧いただきました皆様、ダーシュ・ザンナ

 

猫の手でございます。

 

今回は、ケイとティラナだけでなく、物語の大詰めに向かい特別風紀班の各バディの活躍がそれぞれ描かれ、他にもFBIのチャン特別捜査官やジャーナリストのランドル、大統領選最有力候補のトゥルテ氏など、さまざまな人物の思惑が錯綜して謎が深まったところへ、満を持してあの男の登場となりました。

ケイとも因縁浅からぬ様子のゼラーダですが、いまのところ二人の関わりについては描かれていません。

最終回では触れられるのでしょうか。

この辺は、制作に関わっていればわかることですが、あいにく雑用係なので知る由もなく。

原作自体まだ続いていますし、今後おいおい明らかになって行くのでしょう。

一視聴者として楽しみにしております。

 

現場スタッフも疲労困憊だろうと思いますが、もう一息。

この山を越えれば作品休暇が待っています。

長いお休みを利用して里帰りするも良し、旅行をするも良し、次の現場に備えて上手にリフレッシュしてください。

本当にお疲れさまでした。

 

 

ということで、泣いても笑ってもこれが最後です。

告知更新も最後になります。

三ヶ月にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

最終回「TWO WORLDS, TWO JUSTICES」の放送予定は以下の通りです。

 

 

TV放送

 

TOKYO MX  9月30日(月)24時〜

KBS京都 9月30日(月)24時30分〜

BS11 9月30日(月)24時〜

AT-X 9月30日(月)24時30分〜 リピート放送:毎週水曜16時30分〜/毎週土曜8時30分〜/毎週日曜26時30分〜

WOWOW 10月2日(水)24時30分〜 

 

配信サイトにつきましては、公式より御確認ください。

猫の手でした。

 

ダーシュ・ザンナ。

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM