下っ端作画マンの話〜ベルセルク第1話〜

  • 2016.09.28 Wednesday
  • 21:39

( ゜▽゜)/コンバンハ アニメーターのぎゃまです。
そうそう、今日といえば、先ほど高田馬場で異臭騒ぎ…症状を訴える人も10人近くいるようで…
電車は通常通り動いてるようですが、山の手乗るための接続駅なんで帰りが大丈夫か不安になっとります…

 

昨日は短かったし今日はベルセルクの話しよ〜って話ですので、ではベルセルクを12話を終えての話。
当初から話してます通り、ベルセルクは作画とCGのコラボレーションの作品になってます。

アニメーション作品に作画とCGというのは、私が子供の頃には当たり前になっていましたけれども、
『建物はCG!鉱物はCG!あとキャラは作画な!』みたいな完全な役割分担って感じですよね。


今回のベルセルクは1キャラの演技の中でCGの『間』に作画を入れたり、
CGと作画を合わせて『一つのキャラ』を完成させたり
ほんとの『コラボ』要素が含まれてるんです。
もちろん12話の中でもいくつかのカットがその作り方をしてます。


あ。ここCGと作画混ぜてるな〜ってお気づきになられた方はいますかね?

なかなか斬新なアニメーション表現です。

作画の目とCGの目こだわりは2倍!ってのはホントなんですよ〜

(でも整頓も2倍とやっぱり大変だったりするんですけれども…w)

 

そして、

アップはやたら作画だな…ってのは

緻密で重圧な感じは作画が最大限に生かせる分野で

平面の絵ではなかなか作れない『立体感』は3Dならでは見せる事が出来て

それぞれの『表現の強み』もベルセルクの世界に乗せることが出来たんじゃないかなって思います。

 

 

そんな『一つ挑戦』が取り巻いたベルセルク。まだ続きが控えてますw

引き続き3Dと作画協力して作り上げていけたらと…!

まあ自分は、アニメータの癖に絵に難が…ゲフンゲフン

あーだこーだ言える立場じゃないんですけれども…

出来る事はあるので、出来る事は全力投球!そして鈍足でも成長!

そんな意気込みで頑張りたいと思ってます…

 

 

コメント
コメントする








    

categories

recent comment

profile

もじde あずき

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM