過去5年分の総決算。

  • 2017.02.10 Friday
  • 16:15

ジャンクはおいしい。だけどバランスが決していいわけではないので、食べ過ぎには注意しましょう。みなさん、あとぎゃまさん。

 

タナカです。

最近のお仕事は「高宮なすのです!」の原画とか紙素材のスキャニングです。先週は80cutくらいベルセルクの原撮をやってました。だから忙しかったの。先週更新してないの許して。

※原撮とは線撮の一種で、原画の状態のセルの素材を撮影することを指します。これが編集とかアフレコのタイミングで入っていると「オレの話数スケジュールいいかも!ヤベエ!」とテンション上がります。ラフ原撮とかレイアウト撮だと「あ、ふーん」で、コンテ撮だとプロデューサーの顔を見られなくなります。でも最近はコンテ撮アフレコは普通、くらいのスケジュールで動いている作品もあります。本当は編集の段階でオールカラーにすべきなんですけどね。逆にプレスコみたいな感じでコンテ撮でアフレコをする作品もあります。ベルセルクはまさにこのケースですね。

 

というわけで「なすの」と格闘している合間にこれ更新しております。「なすの」が終わったら「てーきゅう」を4期~7期まですべてです。あと「彼女はゾンビ」も。ちょっとどれくらいかかるか想像もしたくないですけど。

しかし2年前の作品をあらためて見返すと、絵の雰囲気の変化、原画さんや作監さんのタッチが微妙に変わっていて面白いですね。

てーきゅうは後半になれば総作監修正が入らなくなるので、各話数の差が如実に出る作品です。8期でいえば木村さん作監回とか、シグナル・エムディさんの朝香さん・蘇さん作監回とか。昨今めずらしいですね。

そこらへんの差を見比べるのに、てーきゅうのBDBOXを買ってみるのもいいかもしれません(ダイレクトマーケティング)

書きおろしのカバーイラスト、賑々しい感じになっております。ミラドル将軍とか猫のおっさんとか見ていて懐かしい。ボビー園長やミカさんも。

そして「てーきゅう」はめでたく5周年だそうで。こいつはめでてえ。

 

 

5年前なら普通に見られてた学園モノにもすっかり飽きてしまいました。いまは「3月のライオン」おもしろい「鬼平」おもしろい言うております。おもしろがるジャンルはそんなに変わっていないものの、若年層向け(と思われる)作品に興味が無くなってきたのは、単純に飽和状態で見過ぎて飽きたのか、自分が年をとったからなのか。

コメント
コメントする








    

selected entries

categories

recent comment

profile

もじde あずき

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM