30分でわかるベルセルク一期

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 21:30

先週ヒヤヒヤバタバタしたアニメーターのぎゃまです。何とか復帰しました。

人間いつどうなるか分からないですねーほんと。

明日は我が身ってやつですね〜

明日は我が身…明日は我が身といえば

 

となるくらいCACANiのスペックには驚愕しました。

ここまで来たかって感じ。だってツールが絵を動かしてくれるんですよ。すっごくね?

ミルパンセのアニメーター消去法に乗っ取ると

真っ先に自分いらなくね?ってなr…くぁwせdrftgyふじこlp

おいおいやめて。アニメーターやらせてくださいマジお願いします。

 

でも作品作りの手助けになるツールとか機能とか作り手の負担が減るのは

良い事だとやっぱり思います。今まで苦労なんだったの…とかいやいやアニメーターやるなら

これくらいの辛い思いして、手作りにこだわってさあ!!ってなる人もいるかもだけど、

今求められてるアニメ作りで今のままじゃ悪い意味で変化がないままか

ズルズルジワジワ落ちてくだけなんじゃないのかな思います。

昔が〜!今は〜!と片方に執着せず、全部ひっくるめて今活かせる作り方は何かですよね。

アニメは今も昔も「その時表現出来る新しさ」も魅力の一つですし。

制作側もそうですけど、見る側もその変化とか作り方に少しでも興味沸いたら素敵。

今となっては白石社長までもが(先週ブログで仰ってた通り)

 

 

ハイスペックになってますからね…

 

 

先週ですが、ベルセルクのアニメ2期用のHPが遂に開設!

全員集合の素敵なキービジュアルが拝めますよ〜

こちらでは1期の振り返り映像が公開中。2期から見るけど世界観とかついていけるかな…

って心配も解消!間近に迫ったベルセルク2期に備えてもよし、雰囲気掴むのも良し。

春はもうすぐそこに迫ってます。

 

 

 

 

今週のぎゃま的動物アニメ二本目

【モンタナ・ジョーンズ】

1994年放送。全52話。タイトルにくっついてるのも分かるように、国際共同制作アニメである。

あの『名探偵ホームズ』と敵ポジションと展開に共通点があり、ホームズがイヌ科ならモンタナはネコ科といえば分かりやすいだろうか。

ビックバンド感マシマシなOPがなんといっても良く、危険だけどワクワクする冒険感を感じさせてくれる。

内容は伝説の秘宝について、ギルト博士の指令の元、モンタナ達三人が全国を飛び回る冒険譚。

これ見るだけで、世界の歴史や建造物や用語に詳しくなれそう。

――例によって、行く先々には危険が待っている。君を守るのは君自身だ。成功を祈る……

このお約束のセリフがさらに冒険心をくすぐって、たまらない。しかも博士の正体は…是非本編を観て頂きたい。

CV大塚明夫の渋くも、お茶目な主人公がいい感じに面白さを引き出してて良い。全ての場面において緊張感と脱力感のバランスが絶妙で

観ていて飽きない。緊迫な場面でも、BGMは軽快だし、意地でもギャグにしようとしてる姿勢がほんと癖になる。

メカニックな部分も力が入っていて、メカ紹介コーナーが番組内であって設定資料が拝める。

ただ、当時のTVスペックでは精密な凄さが伝わらなかったのが、残念な所だった。

なお、こちらの作品はDVD化されておらず、十二戦士 爆裂エトレンジャーと共にぎゃまがDVD化を強く望む作品。

エトレンジャーを制作したシャフトの公式サイトでは去年あたりに、エトレンジャーがトップ絵を飾っていて

DVD化フラグだと信じでやまない。モンタナも見応え抜群なので、こっちもDVD化を待っている。

最近はこういう擬獣化アニメが減っているのが悲しい。また火が付くといいなとおもう。 次回に続く。

 

 

cacaniくらいハイスペックになりたいアニメーター ぎゃまくぁwせdrftgyふじこlp

 

コメント
コメントする








    

selected entries

categories

recent comment

profile

もじde あずき

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM