伝票整理って退屈?

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 20:00

どうも、こんばんわ。

伝票整理でスタジオの床に座り込んでいたら、足腰立たない猫の手でございます。

何で自分の机でやらんのだ?

と、顰蹙買いそうですが、何しろ5年分の伝票整理ともなると、とても机の上では足りないのですよ、スペースが。

いきおい、フロアいっぱいに朝市よろしく伝票を広げて、日付順に整理するわけですが、まあ、猫の手のようなロートルにはちょうどいいお仕事です。

時々休んだり散歩したりして、身体に負担のかからないようにはしていたはずなんですが・・・いやはや、弱りました。

この程度で腰が痛くなるとは。

でもまあ、手書き伝票というのは、なかなか味があって、整理してても面白いです。

古いアルバムをめくって懐かしい写真を見つけるような?

今はもうお辞めになった制作さんの書いた伝票とか、書き方一つで、

「ああ、もうこの頃は辞めたかったんだろうなあww」とか、わかるんですよね。

最初はちゃんと読める字だったのが、慣れるにしたがい雑になり、辞める頃にはもう日付が抜けてたり、0と6がわからなくなってたり、5と3がわからなかったり。

もともと雑な字を書く人の場合はその辺わかりにくいんだけど、最初やる気満々で来た人ほど落差が大きくて、仕事の厳しさに打ちのめされてるのが如実に伝わります。

これが、打ち出しの伝票だったりしたら、作業は退屈きわまりないんでしょうけど、わりと懐かしくも楽しい時間を過ごさせていただきました。

そんな感じで、5年分の伝票整理にいそしんだ一日でした。

それにしても、スタジオどんどん狭くなるなあ。

機材は増えるし、人も増えるし、どこかにトランクルームでも借りて、いらんものは片付けないとイカンかも。

 

 

コメント
コメントする








    

selected entries

categories

recent comment

profile

もじde

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM