【Wake Up,Girls!新章】

  • 2018.06.18 Monday
  • 13:56

2017年4月9日、日曜日のこと。Wake Up,Girls!の皆さんが、スタジオへ来訪されました。
監督やシリーズ構成の松田さんとの話し合いの為です。
「せっかく御本人達がみえるのだから…」とスタッフのみんなに声をかけ、お休みを別日に振り替える形で希望出社にしたところ、大半のスタッフが出社。当時、まだ4月番の作業が佳境の中、「どちらにしろ必要なものだから」と、コスチューム設定作成作業だったり、色設定の高解像度仕上げ塗りだったり、作業を『WUG新章』の作業に切り替えて、お出迎えをしたのでした。

その時のWUGさん達は、監督達との話し合い終了後も、壁に貼りだしている設定を見てはワイワイ、作業者のPCを覗き込んでは拍手と、当たり前のようにスタッフ達に気を遣いながら、笑ったり、喜んだり、談笑をされました。「フィルムを観て、彼女達がこんなふうに喜んでくれたら嬉しいよね」と、WUGさん達が帰った後、スタッフ達と話をしたものです。

 

非常に申し訳ない事に、前作品がギリギリまでの作業になってしまったり、一緒に制作頂く予定だった会社が、別作品のスケジュール崩壊で7月に離脱する事が決まったり等、私の力足らずで動き出しが遅れてしまったスケジュールは、本放送時にはなかなか取り返す事が出来ませんでした。
スタッフのみんなは本当に必死で頑張ってくれていたし、状況を知ってタイミングの合うところから駆けつけてくれたスタッフさんもいました。自分が手伝えないからと別スタッフを紹介してくれた方達も居ましたし、本当に沢山の方達に支えて頂いて、放送は最終話までなんとか終了を迎えたのです。(最終話は年をまたいでの放送となってしまいましたが・・・)
そして製作委員会の皆様には、BDの発売スケジュールをリテイク可能なタイミングにズラして頂いたり、AT-Xでリテイク版の放送を組んで頂いたりと、各ポジションのプロデューサーさんに御協力を頂くことで、ようやく本来の完成を迎えることが出来たのでした。

 

忙しいさなかにも関わらず、ARの隙間時間等を使ってOP用のサインを描いて頂いたり素材のやり取りをさせて頂いたWUGさん達。
「WUGさんやワグナーさん達に喜んで貰えるフィルムにしたい」という一念だけで過ごしたリテイク期間の約5ヵ月ですが、スタッフ一同がそう思ってコツコツと頑張れたのは、いつもニコニコと自然に周囲を気遣いながら対応をされているWUGさん達の人柄や頑張りを見ていたからです。

 

先日、『Wake Up,Girls! 』のユニットが、来年で解散との告知がありました。個々に活躍の場を変えても、ずっと応援していきたいと思います。どうか、頑張って下さい!

そして、コンテンツとしてはまだ続きますので、どうかまた御一緒出来ますように!
心より願っています。

 

制作:白石でした。

 

コメント
コメントする








    

selected entries

categories

recent comment

profile

もじde あずき

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM