【Wake Up,Girls!新章】BD最終巻が発売されました!

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 16:26

お久しぶりです。気がつけば9月ですね。制作の白石です。

 

8月31日。『Wake Up,Girls!新章』のBlue-ray第七巻が発売されました!

・第13話「明るい方へ」

<特典映像>
・Wake Up,Girls! Festa.2017 TRINITY
・わぐばん!新章〜シリーズ振り返りトークスペシャル〜

収録です。各配信サイトもリテイク版に差し替えを頂いています。是非、宜しくお願い致します!


#01-05まではWUG!さん7名のエピソードを一人ずつ…という流れでしたが、#06以降、大きく軸となったのは
・真夢が言っていた3つの幸せ理論に答えを出そう。
・WUG!がたくさんの人を幸せにする話にしよう。
・好きなことを仕事にしている。やりたいと思ったら宿命。
・アイドルも、アイドルに憧れる人も居て、「アイドル」なんだ。
といったようなこと。

 

これらは、1月18日の議事録にも書かれている監督の言葉なのですが、それらを軸として、ひとつひとつのエピソードやセンテンスを、脚本の松田恵理子さんからタタキとして出して頂き、打ち合わせで詰めていく、というのが、Wake Up,Girls!新章のシナリオ打ちでした。

音楽業界の細かなルールやWUG!さん達のエピソードは、エイベックスのプロデューサー様や御本人からの申告によるものを拾いながら。仙台の細かな描写は、せんだい・宮城フィルムコミッションのS様から、様々な御提案を頂いて組み立てています。

 

さて、前回のブログで、最終巻発売の折には最終話の議事録から…という話をしたので、#12までが決定稿となり、残りは#13の最終話となった6月21日の議事録を公開しようと思います。
---------------------------------------------------------------
◇RGR!について。
1、三人組の落としどころを一考。
具体的には前座で出すのか否か。

2、三人組の新曲の使用どころを一考。
新曲を用意はしてあるが、前話数までWUGメンバーの歌詞作りに話の主軸を置いていた。
『曲を渡されてすぐにダンスが出来る』は積み上げてきたリアリティを壊してしまうため、絶対に避ける。

上記を含め、最終話のラストを再考。後日談にはしたくない。

 

◇早坂はどこにいるのか?
最終面で、日本ではなくアメリカにいるようにしたい。
早坂はWUGメンバーに会わないからこそ意味がある。
日本に会いに来てしまうのは早坂のクールなキャラクターを殺してしまうため、最後はメール文が届くくらいの描写を入れるくらい。

 

◇アイドル同士の繋がりについて
SNSなどでストーリーがつながっていくようなシチュエーションをつくりたい。
真夢ならば志保、佳乃ならば愛、ナマハゲーズならば赤味噌、WUGから3人組へ。ファンの人たちも。
意図としては裏動線を作りたい。

 

◇その他
・最後は数ある曲のサビメドレーで決定
・12話の初稿をもとにメドレーの長さを決める。

 

◇Vドルについて
その他アイドルへの当て付けのような決め台詞を追加。
一例として「私一人が居ればいい」などのセリフがあれば、早坂の思想にも通じるものができ、
また、その他アイドルたちの逆襲的な流れを作ることが可能である為。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
11話での「みんなー、マッキーナしかいらないよね?」という台詞も、実は、最終話のこの打ち合わせの後、戻って追加となった台詞です。

 

最終話のシナリオは8月22日の第4稿をもって脱稿頂きましたが、紆余曲折の上、「最終話のラスト」は後日談となりました。

 

BDに合わせてのリテイクも含め、少しでも、皆様に楽しんで貰えるフィルムになっていればと願うばかりです。

どうぞ、宜しくお願い致します!

 

制作:白石でした。

コメント
コメントする








    

categories

recent comment

profile

もじde あずき

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM