ようこそミルパンセへ!

  • 2019.02.07 Thursday
  • 12:25

あけましておめでとうございます!


と、御挨拶する間もなく、早2月になってしまいました。
風邪をこじらせ、せっかくの正月も正真正銘の寝正月に終わってしまった猫の手でございます。

本当にすることがなくて、ベッドで横になったままずっと「よりもい」を流していました。
ツアーに参加していろいろ話を聞いたせいか、初見の時とはまた違った印象でしたが、変わらないのが、凍り付いた母のPCに自分の3年分のメールが読み込まれるのを見ながら、
「お母さん、お母さん、お母さん!」と、号泣するしらせの姿。
何度観ても、他の三人といっしょにもらい泣きしちまいます。

おかげで、風邪をひいている時に泣くのは、症状をより悪化させるものと知りました。


さて、年明けから更新が始まったデジタル作画についての社長のエントリーはお読みいただいておりますでしょうか。
自身の体験、経験に基づき、アニメ制作のワークフローについて時系列に沿ってわかりやすくまとめてあり、かなり濃い内容になっていると思います。
猫の手も自分がアニメに夢中だった頃の作品がどう作られていたのかとか、いつからアニメ離れしてしまったのかなど振り返りの材料が手に入り、まだ少しの記事しかありませんが楽しみに読ませていただいています。
例外もあるかもですが、物を書くという行為には錯綜する思考をまとめる効果がありますし、本人にとってもきっと役立つことでしょう。
ぜひ、頑張って続けてほしいところです。


それにしても、毎週更新宣言とか以前の社長の忙しさを考えると無理の一言でしたが、若手の制作スタッフが育ってきてるんだなあと現場を知らない猫の手は能天気に喜んでいます。
たとえば、板垣監督のコラム第596回「集団のモノ作りって」のエントリーなどと併せてお読みいただければ、弊社の現状や、これから進もうとしている方向性などをより明確に把握していただけることでしょう。

 

で、そんなミルパンセに、昨年12月23日からまた新たなお仲間が加わりました。
リース明けで去ってしまった2台の進行車両の代わりにやってきた、デイズルークスです。

 


リース料を安く上げるために装備は最低限にしましたが、色は自販機の時に倣って制作スタッフにカタログを渡して多数決で決めてもらいました。
アッシュブラウンという色ですが、実車は写真よりもよりチョコレート色に近く、なんというか、走るガトーショコラといった風情。
納車時に猫の手はつい「旨そうな色だなあ」と声に出してしまい、営業マンに笑われてしまいました。


さっそく色のとりまとめをしてくれた制作さんにキーを渡して使い方をレクチャーしようとしたら、思いがけず
「試運転を兼ねて、ガソリン入れに行きましょう」

と嬉しそうに言ってくれ、新車に対し制作スタッフの反応がイマイチ薄いように見えていましたが
(いまの若い子はあまり車に興味ない感じだし、ましてや社用車じゃこんなもんか)

ぐらいに思っていた猫の手は、意外な反応につい楽しくなって、
「行こう行こう」と、二つ返事で助手席に乗せてもらって出発しました。
すぐに、給油口がどちらにあるか確認せずに出てきたのを思い出して、
「あ、そういや給油口確認し忘れたね」

「まあまあ、大丈夫ですよ」と、ハンドルを握ったままの制作さんは朗らかに「左側ですね」
(あ、この子知ってるんだ!)と、また驚かされました。

若いから車なんか興味ないだろうと決めつけていた猫の手はいたく反省です。
ガソリンゲージの横の△の位置で給油口がわかるという簡単なことなんですが、車に慣れていない人は案外知らなかったりするので、この制作さんも知らないだろうと単純に思い込んでいたわけです。
給油も初めて乗った車とは思えないほどスムーズで、彼らに乗ってもらえるならモコの頃のようにいつの間にか正体不明の生傷が増えていくようなことにはならないだろう、と安堵したのでした。


そして先日。
納車から一ヶ月を過ぎ、新車点検へ持って行くことになり、今度は運転席に座ることに。
基本1000キロ点検ということでしたが、見ると、

 


完全デジタル化以降、外回りが減っているのは知っていましたが、(こんなに減ってるんだ……)そう実感した瞬間でした。
確かに正月休みを挟んでいるから10日前後は少ないにしても、以前は夜中を含めて一日50キロ60キロは当たり前で、日中制作スタッフが社内にいるのも珍しいぐらいでしたから、それと比べたら本当に走っていません。
猫の手は営業は足で稼げとハッパをかけられていたネット以前の旧人類なので「昼間から営業が社内で屯してる会社はダメだ」という認識が刷り込まれています。
そして、アニメ制作において制作というのは営業のようなものと当初考えていたので、これだけ走らなくなったら、彼らは会社にいてその間何をするんだろうと不思議に思っていました。
でも、それも社長のエントリーで答え合わせ。
テクノロジーが進化したなら、当然仕事の仕方も変わるでしょう。
自分のような旧人類はAEと言われてもピンとこなくて、一拍あってから(ああ、アフターエフェクトのことか)とわかる程度なんですが、少しでも興味のある方ならすぐおわかりでしょう。


今後とも、弊社の歩みに注目しつつ、いろいろ御教授御鞭撻のほどよろしくお願い致します。
長文、失礼致します。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM