ちょっと昔のお話

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 16:31

こんにちは。

整形外科で腰と右足に電気を流すのが至福の時間になっている猫の手でございます。

そこへ、今月からは週末のCATVで「メンタリスト」の二カ国語版再放送が第1シーズンから始まって、音響監督の名演技に聞き惚れる楽しみが増えました。

やっぱいいな、パトリック・ジェーン。

これからしばらくは、週末が楽しみです。

 

さて、今月は総務、経理方面では大したイベントもなく、COPCRAFT制作の方もわりと順調に進んでいるようです。

社長のデジタル化に関する一連のエントリーでもわかるように、制作は外回りが減った分、中で様々な仕事をこなせるようになってきているので、制作進行とか、設定制作とか、今までの制作部門の括りでは単純に収まらない独特のフローが構築されつつあるようです。

昔はフリーの制作なら別会社の作品を掛け持ちで3〜4本回せて当たり前みたいな時代もあったようで、随分稼げたろうと思います。

でも、今はそれだけのノウハウを蓄えた制作が減ったことや、経営側も自社内で制作工程を完全に管理する方向へ動いているようなので、今後はワークフローも劇的に変化して行くのではないかと想像しています。

 

思い出してみると、弊社は本当に運に恵まれていました。

 

インテグラルタワーにいた頃、突然社長から、

「来月までに引っ越し先探して!」と言われて、ギョッとしたものです。

荻窪のフロアに合わせて人員も大量に補充していたし、その中には、後にWUG新章のキャラデザ、作監をつとめた菅原さんもいました。

もう、以前の田無のスタジオへ戻ることは出来ません。

それでも、監督、社長たちの希望で田無にスタジオ物件を探して欲しいと。

ネットを使ったり歩いて不動産屋巡りをしながら、何かあったんだな、と思いましたが具体的なことは聞いていません。

会社の移転といったら、まずは今後の方針を検討しつつ、その方針に合った物件を最低でも半年はかけてじっくりと探すのが普通だと思っていたので、さすがに焦りました。

とりあえず社長が急いでいることだけはわかったので、猫の手も必死で探しました。

もちろん、田無を。

 

ですが、オフィス専用のビルが即入居可になっていることは極めて稀で、大抵はスケルトン状態ばかり(つまり、引っ越し前にリフォームが必要)だから、そもそも2ヶ月という期間が無謀だし、お金もかかってしまいます。

何週間か歩き回りネットを漁ったりもしましたが、良さげな物件はみな居住中か、先客アリのものばかり。

まさか使用中の会社をこっちの都合で追い立てるわけにはいかないし、先客ありの物件が破談になるのを待っている余裕もありません。

しかたなく検索範囲を広げたところ、いきなり新着でヒットしたのが現在いる武蔵関のスタジオでした。

リフォーム済で広さも当時としては充分。

 

 

反射的に仲介会社に電話していました。強烈に印象に残った担当の言葉が、

 

「よく気がつきましたね。20分前に上げたばかりですよ」

 

この瞬間、頭の中から田無は吹っ飛びました。

実際見に行ってみると、上の階がジーベックさんの練馬スタジオ。

しかも、床はOAフロア。

もうこれ以上条件の良い物件を見つけるのは不可能だと判断し、社長と監督にも見てもらい、納得してくれないようなら説得するしかないと思いました。

監督はやはり田無の自宅から武蔵関への移動時間が勿体ないというので渋い顔でしたが、社長の方が気に入ってくれ、監督を説得してくれました。

 

デジタル化を進める過程においても、これが結果的に幸運をもたらしました。

社長のエントリーにもあったように、デジタル化へ初手の機材投資費を捻出できたのは練馬区にアニメ産業特別貸付けという融資あっせん制度があったからこそで、当初の目論見通り田無にスタジオを構えていたらこれは利用できなかったわけです。

結局、今のスタジオを選んだからこそすんなりデジタル化へ舵が切れたのではないでしょうか。(自画自賛)

さらに、床がOAフロアでなかったら、配線の類いもずっとややこしいことになっていたでしょう。

 

そして、先日。

ニュースになりましたが、ジーベックさんがサンライズさん傘下とIGさん傘下とに分かれ、それに伴い練馬スタジオは閉鎖。

上の階が空くことになりました。

他人事のように「どんな会社が入ってくるのかな」と思っていたら、大家さんからいきなり「3階空いたんだけど、使う気ない?」との連絡が。

オープンにして募集する前に、まずはミルパンセさんに、ということのようでした。

やはり家賃その他、支払い等すべきことをきちんとすることで、こうした信頼も醸成されるのだろうとほっこりしました。

ケイリXも交えていろいろ話していたようですが、どういう結論になったのかは、まだわかりません。

猫の手としては、もうすっかり窓際族で重要なお話には参加しなくなっているのですが、今後とも、弊社の未来を楽しみに見届けたいと思っています。

 

では、長々と駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM