デジタル作画について…閑話休題

  • 2019.06.28 Friday
  • 17:19
SNS上で流れて来て知ったのですが、『Netflix』さんで『アニメ制作における最低必要要件』という、
仕様とガイドが更新されたとのこと。
一つの需要基準になるかな…と思い、確認したところ、

・制作必須要件:解像度・アスベクト比/フレーミング・作業ファイル形式・出力ファイル形式
・カラーパイプライン必須要件:ワークステーションモニタ・試写用モニタ
・ポストプロダクション必須要件:合成・IMFマスター

等、細かい基準が『Netflix』の納品基準として記載更新されていました。

解像度:『1920×1080』
作業ファイル形式:『非圧縮、もしくは非可逆圧縮』

なるほどー。

でも、TVやネット配信での高画質化が進む一方で、スマホ画面で移動中に映像を見るというような
機会も増えている訳だから、求められる画質もどんどん二極化していくという事なのかしら…。

一律のベース基準というよりも、アウトプット出口に合わせて納品仕様も多様化し、
『アニメ』という一括りに『基準』を作れる時代ではなくなって来たということなのかも知れませんね。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM