2020年の課題

  • 2020.01.11 Saturday
  • 17:47
久しぶりに、デジタル作画についてのブログです。

 

昨年、ちょっと手すきになったところで、シャフトさん、ライデンフィルムさん、神風動画さん、キネマシトラスさん、サイエンスサルさん、他、あちらこちらの作品に参加させて頂きました。
作画パートグロス請けだったり、ピンポイントで作監や原画・二原・動仕だったり、CT用のコンテ撮だったり…。
弊社は、ラインが一ラインの為、作品と作品の隙間にこういう時期が必ず出来てしまうのですが、昨年からは考えられないほど、気づけばどこもデジタル作画の整備が進んでいました。
切り替わり始めるとあっという間ですね〜。どちらかというとアナログとデジタルが混在している会社さんほど、会社間での使用ソフト相違や、フリーの方達との統一を図る為、かなりしっかりした注意事項を作成されている印象です。
弊社は、実はその辺りが緩く…大変勉強になりました!!

 

さて、現在、目下弊社が進めているのは、社内にある作業のタスク分解です。
総務・経理から、制作、演出、作画や仕上げまで、社内にある作業の全体を、

 

.泪縫絅▲襪気┐△譴弌誰がやっても同じ結果になる作業。
基本は定型だけれども、一定の合格ライン経験が必要な作業。
8朕佑離札鵐垢箋蚕僉経験によって結果が必ず変わる作業。

 

の三段階に切り分けようと動き始めました。

 

デジタル化の良いところは、情報共有が早いところ。
同じデータを複数の人が見て、一緒に話をしたり、共同で作業をすることが可能なこと。
…であれば、作業者のちょっとした手すき時間に、チェック作業者の_媾蠅世韻任眇覆瓩凸磴Δ叛源左率が上がるだろう、というようなコトを狙っています。
また、『新人スタッフは多少時間がかかっても,鉢△麓力で対応して貰う。チェック工程で作業をするのはのみ。』と決めてしまう事で、スタッフそれぞれがにあたる作業に時間を割けるようになるのではないかと目論んでいます。

 

昔話に花を咲かせても仕方ないのですが、20年前はデジタル作画なんて対応していませんでしたが『リテイク』・『やり直し』という形で、 Ν△郎邏伴塰椰佑対応していたはずで、全く新しい試みでもなんでもないのですが…。

 

…と、まあ、そんな事を目標に掲げ、2020年が始まりました。
これらをタスクとして切り分けられれば、,鬘丕辰貿い擦蕕譴襪茲Δ縫廛蹈哀薀爐鯀箸爐海箸皺椎修世蹐Δ…。

 

まずはそんなこんなで、現在の作品制作フローの延長上ではありますが、今年も頑張っていきます。4月に新人さんを迎える頃には、安心して先導出来るフローに育っていると良いなぁ…。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM