新作カット袋を試行中…。

  • 2020.01.24 Friday
  • 15:51
デジタル作画になって不便になったなぁ〜と思うのは、ファイルを開くまで中身がわからないこと。
アナログ管理の時だって、仕上がりは袋から中身を出して確認していたのですが、カット袋の表紙に必要な情報は記載されているし、カット袋の厚みから「原画枚数の多い・少ない」は想像がつきます。
モノがかさばるぶんだけ、各作業者の手元の数も、パッと見の可視化がされている。
デジタル作画に切り替えて、ワークフローとしての効率化は進んだものの、データをサーバ上で開くとまだタイムロスが生じるので、自分のデスクトップへコピーしてからツールを立ち上げてファイルを開く等、カットの確認にはアナログよりも時間がかかるようになりました。
ただ『中身の確認に時間がかかる』というのは現時点で変えようがないので、ならば『かかる時間の使い方を考えた方が良い』と、落ち着いたのはチェックを複数人で同時に行う方式。
原画上がりは当日、管理責任者全員で中身の確認をし、修正どころをその場で確定して、必要なスタッフが持ち帰るという形に切り替えました。
こちらはなかなか按排良さそうですが、生産効率がどれ位上がるのか、結果が見えてくるのはもう少し先になりそうです。
そして、今作からは「どうせカット袋に中に入っているのはシートだけなんだから、封筒じゃなくても良いんじゃない?」と、透明なクリアファイルにタイムシートを入れて回して貰うことにしてみました。
タイムシートの表書きにあたる部分をシートの裏側に印刷してしまえば、カット袋を開けるまでもなく、カット袋の表書きもシートも一望が出来るはず。
カットを持っている作業者は一度中身を確認してから手元に持つので、タイムシート裏にコンテを貼り付けてシートがパッと見れれば、「このカットはココを修正すれば良かったよな」と確認もしやすいのではないかと考えた訳です。
使い勝手等、現場の意見を反映しながら調整をしていくのは今後の作業ですが、ツルツルしていて滑りやすいかな?…という一点が、私自身が考えている現状の懸念事項。
良い材質のものがありましたら、是非、御紹介下さい!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM