CACANi マニュアル白石Ver.

  • 2020.03.27 Friday
  • 00:00

先日話題にした『CACANi』のマニュアル。
多分、そのうち1文字も使われなくなるであろうマニュアルですが、
今期の新人さん向けに更新をかけました。

 

状況に応じて修正・改変された場合には、ぜひお知らせください。

 

 

 

CACANiを使用した、動画作業のやり方

(画像はサムネイルですのでクリックで大きく表示できます)

 

 

Stylosから、CACANiに読み込む画像を書き出します

1. 書き出したいレイヤーをファイルプレビューアーパレットで選び、画像を開く。


2. 『ウインドウ』から『バッチパレット』を選択し、表示する。

 

3. 『バッチパレット』を使用して、データを書き出す。

     

 

 

CACANiを立ち上げます

     

↑上記のアイコンをダブルクリックしてソフトを立ち上げる。

 

 

フレームサイズを調整します

1.カメラツールを選択する。

 

2.フレームサイズを調整する。(stylosの画像ピクセル数に合わせる)

     

 

 

原画データを読み込みます

1. レイヤーパネルの『新規参照レイヤー』をクリックして、参照レイヤーを作成。

     

 

2. タイムライン上の『参照レイヤー』を選択した状態で右クリックをして、

『ロード画像』をクリックすると、画像を選んで表示することが出来ます。

 

3. Image1、Image2(以下略)…を作成し、Lo、原画(Aセル(以下略))…を読み込む。

※レイヤー濃度は、レイヤーパネルで調整することが出来ます。

     

 

 

原画トレスをします

1. ブラシツール、もしくはカーブツールを選択する。

 

2. ペンの色を調整する。(黒色→RGB:0.0.0は避けること)

     

 

3. 線を引いていく
※注意
上から描いた線が下の線を消してしまうため、色トレス線から作業をして実線を最後にトレスすること。
※紙のめくりは『F:前頁』『G:次頁』

 

 

二枚目の原画をトレスする

1. 二枚目の用紙を作る。

     

 

2.以降、きイ魴り返して、原画トレスを進める。
※二枚目以降は、ツールを選んでトレスをしようとすると、

前の原画のどの部分にあたるのか、どの方向にトレスをしたのか、

別色で参考が出るので部分を合わせてトレスしていく。

     

 

 

中割を作成します
1. 中割り用のフレームを挿入する。

 

2. 詰め指示のタイミングを決める。

 

3. 中割作成ボタンを押す。

     

 

 

これで、完成です!

 


動画検査提出前に、自己確認をして下さい
※中割りの絵を調整する場合、そのままでは絵に手を加えることが出来ません。
調整したい中割りのフレームを選択し、右クリックで『キーフレームへ変換』をし、調整します。

     

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM