テレワークについて

  • 2020.04.09 Thursday
  • 18:10

さて、弊社でも遠方のスタッフから、自衛の為のテレワークに着手をしています。
わざわざ『自衛の為』と枕詞を付けたのは、生産量を挙げる努力の過渡期で起こったイレギュラーの為、『働き方改革』としての側面は完全無視になってしまうからです。


とは言え、スタッフの体調が一番ですから、致し方なし、ということで。

 

 

 

昨年は、テレワークについて、まず必須な事として、
●ルールの策定
を動きました。

テレワークについて、テレワーク推進センターのスタッフさんに相談をしながら、就業場所が違うことによって起こりやすいトラブルを指導頂きながら規則を作成していたら、なんだか就業規則に近い量のルールが出来ました。
・使用PC
・就労場所
・就労時間
・費用負担
・機器の貸与
・情報共有の仕方
・その他の運用ルール

等など。

これら『なんとなく洗い出していたもの』を、コロナウイルスの件があり「コレはテレワークが必要になるかも!」と総務経理のKさんが、急ピッチで専門スタッフに相談をしながら就業規則に一生懸命まとめてくれていたのですが…。
私が「こんなの、全員に把握して貰うの?!」と真っ先に投げ出して、「必要な人だけ読んで守って!」と、2020年度版の就業規則には『テレワークの個別規定参照』という記載が加わることになりました。

貸与PCへは、セキュリティソフト・作業使用ソフト・コミュニケーションクラウド・データのやり取りサーバ等の構築が必要で、「今年はそれらを揃え、希望者に研修を受けて貰い、試験的に数名だけでもテレワークを運用開始してみよう…!」という話をしていた矢先の話。

やり方は勉強をしていても、環境は全然間に合いません

…とは言え、規則は安心して動く為にあるもの。

緊急事態宣言を受け、まずは遠方のスタッフから、テレワークに切り替えることとなりました。

 

・就労場所は、当然、自宅限定。
・就労時間は、就業規則通り。
・会社貸与PCがメイン
ですが、それだけでは数が足りない為、会社PCが購入出来るまで私物のPCを使用して貰うスタッフも出ています。
・情報共有ソフトとして使用しているのは、『Nicpllabo360』というツール。

現在は、テレワークスタッフとのデータはFTPサーバでのやり取り。
…が、20時に本日の作業物をUP…というルールは変えていない為、同じ時間に全員がFTPサーバへアクセスすることになり、普段より時間がかかる気もします。

同じくKさんが、「固定PCであれば、社内サーバと同じような環境に出来るそうですよ!」と大塚商会さんとやり取りを始めてくれました。「国の助成金を受けることも出来そうです!」とのこと。
コロナウイルス対策で国からの助成金が頂けるのであればありがたい限りだし、テレワーク環境が整うスピードは加速しそうですが、早く暮らしが落ち着いて、ちゃんと『働き方改革』の為のテレワークに着手したいよなぁ…と思う今日この頃です。
 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2020/04/10 8:10 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM