がんばっぺ!

  • 2020.03.03 Tuesday
  • 14:40

こんばんは。
先週末から、『COP CRAFT』の再放送が始まりました。
ご覧いただけましたでしょうか?

そして、今週3/4(水)には、
Wake Up,Girls!の『Wakee Up,Girls! LIVE ALBUM〜想い出のパレード」が発売になります。
AKIHABARAゲーマーズ本店、なんば店、仙台店では、衣裳展も実施とのこと。
開催期間は3/31(火)まで。
是非、あの想い出の衣装を見に、足を延ばして下さい。

さて。
今週も、4月の新人入社準備と作品制作に追われ、打ち合わせ三昧の一週間となりそうですが。
いくぞ! がんばっぺ!

制作:白石でした。

働き方改革と業務改革

  • 2020.02.03 Monday
  • 18:27
2月になって風邪をひきました。昔は『バカは風邪ひかない!』と言って笑っていたのに、だいぶ体力が落ちてきたような気がします。季節の変わり目には、だいたい体調を崩している…。

 

風邪、インフルエンザ、コロナウイルスと病気のウイルスが猛威を奮っているようですが、皆さん、くれぐれも体調にはお気をつけて! なにせ、身体はひとつだけ。簡単に代替えはありません。

 

さて、先日、珍しいお客様がやって来ました。
アニメ制作会社というのは、どこも助け合いでやっている事が多いので、普段から会社の壁を越えて、様々な制作さんと情報交換をすることは多いのですが、『働き方改革への対応って、どうしてます?』という話を、皆さんに訊いて回っているとのこと。
「『働き方改革』というのは『業務改革』と必ずワンセット。今年も変わらず追われています。」以外に伝えられる事がない。。。
情けないところです。
…が、今週は色々なセミナーに参加をして回る予定なので、少しずつでも前進出来ると良いなぁ。

 

制作:白石でした!

【てーきゅう】チュウニズムで『てーきゅう』イベントやってます!

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 18:04
先週の1/9(木)より、チュウニズムにて、【「てーきゅう」リバイバルイベント】が開催されています。
「てーきゅう」コラボイベントに、マップが追加されて再登場!
私は、学生時代に一生懸命音楽の勉強をしていたような気がするのですが、気持ち良く歌を歌ったりピアノを弾いていると、どんどんメトロノームとズレていくリズム音痴。。。
それでもこういうゲームは楽しくて、時々新宿の『タイトーステーション』で遊んでいます。先日も一人で「とりゃうりゃ」言いながら遊んで来ました。まだやっているので、また行きます!!
もし40代のおばさんが一人でバタバタしているのを見かけたら、恥ずかしいので、遠くで生暖かく見守ってやって下さい。笑。
…ということで、今回のイベントは、1/9(木)〜2/5(水)までの4週間!!
もうあと2週ちょっとですが、面白いので、是非遊んでみて下さいね!!
制作:白石でした。

スタッフ募集

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 14:09
おはようございます。制作の白石です。

 

決算月が10月なので、いつも忘れてしまう創立記念日ですが、弊社の設立登記は2013年の1月18日でした。
…なので、今週の金曜日にて丸7年が終了し、土曜日からは8年目に突入です。

 

そして!!

 

昨年、弊社に在籍の麗太朗さんを中心に、社外のスタッフさんやアニメーターの希望者を募って『漫画』を描きました。継続的にお仕事が頂けそうなので、『漫画』や『イラスト』等を中心に行う部署を起こし、アニメ制作とも横断的に参加出来るようにしていきたいと考えています。
まずは簡単なアシスタント業務からの募集になりますが、募集職種に『漫画アシスタント』という項目を追加しました。
新設部署なので模索も多いと思いますが、『漫画』や『イラスト』を中心に、作品創りに参加しながら、一緒に会社を成長させてくれる仲間を募集します!「我こそは!」と思う奇特な方は、是非、御応募下さい。

 

作画も変わらず募集中。
新人の作画さんも、デジタル作画を覚えたいという経験者の方も歓迎です。
まだ制作発表前ですが、年明けからの社内作業は、発表前の自社作品がメインで回っています。

 

又、ワークフロー開拓もあって、昨年は募集を打ち止めていた『制作』職種も、『演出助手 兼 制作』という形で、若干名の募集を開始します。

 

「事前に正解はわからないし、『今回』の正解が『次回』も正解かはわからない。 常に『目標』は一段高く掲げ、『意識』はゼロベースに戻して動こう!」…なんて、毎回違う事を考えながら動くしんどい制作理念を強行していますが、それらを当然のこととして協力してくれる、向上心と協調性の高いスタッフがそれぞれ現場の軸として立ち始めた7年目。
「新人を付けて貰えれば、面倒見ますよ」と手を挙げてくれるスタッフが出て来て、じゃあ、募集拡大してみるね…となった今日この頃です。

 

『ミルパンセ』の命名意図は『千の想い』。
沢山のスタッフが、それぞれの役割で活躍できる現場になれるよう、8年目も頑張っていきます。
どうぞ、宜しくお願い致します!

 

明けましておめでとうございます!

  • 2020.01.08 Wednesday
  • 11:20
明けましておめでとうございます!
皆さん、年末年始は、ゆっくりお休み出来ましたでしょうか?
ミルパンセは12/29(日)-1/5(日)までの一週間がお休みだったので、私自身も名古屋の主人の実家へ帰省し、そのまま京都へ回り、元上司や制作の仲間たちと、楽しくおしゃべりをして来た1年の始まりでした。

 

以前、猫の手さんがブログで書いていたような気もするのですが、『COP CRAFT』で、スタッフに銃器の取り扱いを覚えて貰おうと、吉祥寺の『シューティングバーEA』を貸して頂き、ガイナックス京都の武田康廣さんに講師を頂いた事がありました。
細かなパーツや、それらが何の為にあるのか。姿勢や段取り。撃つ時のコツ。
1日だけの体験でしたが、撮らせて頂いたムービーや写真も参考にさせて頂きながら、作品制作を行ったんですね。

 

そんなこんなで、「終わったら遊びに行くね」という約束の元、訪れたガイナックス京都さんは、鴨川沿いの専門学校の中にありました。『京都コンピュータ学院』。アレ、私、GAINAXで制作をしていた時期に、ココのCMを作らせて頂いた事があるぞ。そっかー、アレも武田さんが講師をしていたからこそ来た仕事だった訳で、『縁』って本当に凄いなぁー。。。

 

さて、昨年は9月一杯で『COP CRAFT』を抜け、10月〜12月は、細かく色々な他社作品に参加をさせて頂きました!
年明けからは、いよいよ自社作品の現場が本格化。今年も、実りの多い1年となるように、頑張りたいと思います。

 

宜しくお願い致します!!

 

制作:白石でした。

 

 

とりとめのない…

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 13:22

『コップクラフト』Blu-ray&DVD第二巻が、先週11/20(水)に発売されました!
第二巻の納品は、最終話納品の3日後のこと。
9月は、ココまでスタッフに頑張って貰ってから、作品休暇を迎えました。
ポニーキャニオンのプロデューサーさんが、段取りを周到に取って下さったおかげで、ギリギリまで時間を頂けて、放送時よりも格段見やすくなっているはずです。
是非、ご覧下さい!

同じく11/20(水)と言えば、『コップクラフト』の打ち上げでした。
原作者の皆さんや、キャストの皆さんと、社内スタッフが談笑出来る現場になって、本当にホッとしました。
ビンゴで賀東さんが当てたルンバが、「スタジオで使って下さいよ! 広い床は、使い勝手良いはずですから〜」と弊社にやって来たのはビックリ。
重宝させて頂きます!

制作:白石でした。

気づけば、あっという間に11月です!

  • 2019.11.01 Friday
  • 16:35
お久しぶりです。制作の白石です。
先月は、『COP CRAFT』BDリテイク対応の1カ月でした。

今、私の頭の中は『2023年開始のインボイス制度』で一杯。

社員の時給が¥1,000を越えていることも含め、もう『作画のデジタル化』だけでは追い付かない!!…と、新しいワークフローの開拓に必死です。当然BDリテイクの回しも、リテイク対応をしながら、社内の生産アベレージを計算し、ワークフローの確立を目指して動いていました。

朝10時に会議室で原画上がりを監督とチェック。原画さんにリテイクで戻すもの、作監さんへ調整をお願いするもの、そのまま動仕に回すものの区分けをし、動仕に回すものは社内でやれるものと、社外に出した方が良い物の区分けをTP作監さんと相談。

11時〜昼過ぎには大半のスタッフが出社してくる為、それぞれへ素材を回して、その日の作業にINします。
20時には、TP上がりをTP作監さんがまとめてくれて、監督と一緒に、会議室でTP上がりのチェック。OKカットは翌日のセル検査回し。NGカットはTP作監さんが持ち帰って再修正。
21時頃、原画さんや作監さんから、当日の上がりを回収。翌日の原画チェック準備をしたところで、1日が終了。
毎日のチェックタイミングを10時過ぎと20時過ぎに決め、手すき気味のスタッフが、その時間に社内にいる場合は、一緒に立ち合って貰っていました。

このやり方は、複数の人の目でカットを確認する分、PDCAサイクルを早くに回すという意味では、ちょっと良かった気がします。『社内にスタッフが居るから出来るコト』という意味でも、会社に集まる意味が出て、良い気がする。


そんなこんなであっという間に時間が過ぎた気がしますが、気づけばBD&DVDの第一巻も発売!



…から既に一週間経っていました…。汗。
収録話数は#01〜#04。
特典は、第一話絵コンテ集、ノンクレジットOP映像、さらに2019年12月1日開催のイベントチケット優先販売申し込み券。
是非、ゲットして下さい!

 

そして現場はBDリテイクも終了し、少々ゆったりした期間に入っています。

 

本当は、引き続き淡々と数字を積み上げて行きたいところですが、全員が一つの仕事をしているって、こういうコトなんですよね。
次作品のコンテ作業を淡々と進める監督と、設定起こしのチームスタッフ。その他のスタッフは、「今だ」と言わんばかりに有給消化をしたり、他社から動仕のお仕事を頂いたり…の毎日です。
あっ、でも! 「会社でコンテンツを創れるようになると良いよね」と、スタッフ数名が、漫画を描き始めました。新たなチャレンジが、早く日の目を見ると良いなぁ…!
そして、「CGを下敷きに出来ると良いよね」と『Blender』をお勉強中のスタッフや、「動仕が効率的に生産出来るかも?」と『Adobe Animation』をお勉強中のスタッフも…。

 

私自身は、来月から古紙回収にもお金がかかるようになるそうなので、次作品の立ち上げをしながら、隙間時間を使って、紙素材の整理と廃棄に追われる毎日になりそうです。


目の前の作業に追われる感覚が減って、ちょっと気が抜けたのか、社内では風邪が流行り始めました。
ここのところ急に寒くなって来たので、皆さんも体調管理はお気をつけ下さい!

それではまた。

制作:白石でした!

 

『COP CRAFT』はじまりました!!

  • 2019.07.12 Friday
  • 10:59

お久しぶりです。制作の白石です。
皆さん『COP CRAFT』#01は御覧頂けましたでしょうか?

毎週月曜日24時:TOKYO MX・BS11、24時30分:KBS京都・ATX
毎週水曜日24時30分:WOWOW

にて放送中です。

dアニメストアでも、毎週月曜日24時〜先行配信開始。

鋭意制作中ですので、是非、ご覧ください!!

又、今月10日発売のニュータイプでは、コップクラフトの記事が掲載されています。
原作:賀東招二さんのインタビューと、描きおろし版権です。
こちらも宜しくお願いします。

現場は放送が始まり、文章を書く時間はともかく、
デジタル作画についての調べものをしたり、それらのデータをまとめたりしている時間がない!!
…ということで、たぶん放送終了まで、デジタル作画ブログはお休みです。

放送終了して落ち着いたら、そのうち再開するはず…。
ではではー。
 

叱られたい願望

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 00:00

こんにちは。
今月も、整形外科通いに余念のない猫の手でございます。
先月、昨年末にやってきたデイズルークスくんの6ヶ月点検の案内が来たので行ってきました。

あれからもう半年、早いものです。
昔は車で気儘に日本一周したりもしましたが、今はもう30分も運転すれば腰にガタがくるポンコツに成り果てています。

交通事故は怖いですよ、皆さんもお気をつけて。
保険に入るなら、弁護士特約は必須です。でないと、半年の症状固定で支払いが一方的に打ち切られ、勝手な保険会社基準で一件落着、後の通院費は自腹でってことになりますから。
それと、保険会社に弁護士を紹介してもらうのも、オススメできません。
裏で手打ちになったりします。(相手の保険会社が自分と同じ場合は特に要注意!)
自分に合った医院を見つけて、そこで信頼されている弁護士を紹介してもらうのがいいと思います。猫の手はそれで、裁判所基準を大幅に上回る賠償金をいただけましたし、事故から3年以上たつ現在も、それで治療費は全額賄えています。
どんな弁護士に当たるか、これ大いに重要です。参考までに。
不動産屋も同上。弊社は、今のところ運がいいようです。

 

さて、いつだったかレジェンドPのA元Y先生が、F山M治さんのトークバラエティーで、叱られたい願望について話しておられました。
「この歳になると本気で叱ってもらえない。せいぜい陰で悪口言われるか、SNSで叩かれるぐらい」
いやまあ、A元先生ほど実績のある方を面と向かって叱りつけられる人はまずいないでしょうが、本人の実績に関わらず、確かに歳と共に真剣に叱ってくれる人は減ってくるものです。(若手に頓珍漢な説教して逆ギレされるのは別として)
親だって、40、50になる子供を叱り飛ばすのは控えるでしょう。普通は。
「トリニクって何の肉!?」じゃないけど、10年どころか5年前の常識が通用しなくなるスピードで世界が変わり、親が自分の体験で子供を叱ることすら躊躇しがちな世の中で、猫の手も注意されて治る歳じゃなしってことで、だいたい陰で悪口を言われるか、笑われるかぐらいなとこでしょう。

 

ある日、社長と食事をする機会があって、
「あの郷田ほづみにARやDBのたびに会えるんですよねえ、いいなあ」と言ったら、
「仕事してるだけだし。代わりに行ってみる?」
「仕事ってどんなことするんすか?」
「問題がない時は黙って座ってる。問題があれば叱られる。ひたすら頭を下げる」
「……」
「で、対案を出す。次からはこれこれこうしますので、今回はこれでお願いします。申し訳ありません。て、そんな感じ?」
し、し、叱られる?……あの、郷田ほづみに?
キリコの?
パトリック・ジェーンのあの声で?
叱られるの?
もう最高じゃん!
思わず、「行く行く、行っちゃいますよ〜」
と、言いたいところでしたが、現場を知らないロートルの自分では対案を出しようもないので、涙を呑んで諦めました。

 

某レジェンドアニメーター(わが青春ド真ん中!)が、仕事の件で来訪された時も、若い制作クンたちが話しかけられているのを遠目で見ながら、そばにいた社長に思わず、
「サインもらっていいすか?」
と言ってしまい、
「仕事で来てるんだから」
ビシッと言われて、キーボード叩く手元もお留守に、ずっと目で追っかけてました。
お隣の何でも屋さんは、業界歴が長いので、
(そんなに舞い上がるかぁ?)って感じで半笑い。

この歳(さていくつ?)になって、意外とミーハーな自分に気付き、苦笑する今日この頃です。
子供の頃は、石井いさみ先生「750ライダー」に出てくる片腕の渋い用務員さんみたいな爺さんになりたかったけど、どうもダメみたいです。

 

というわけで、今月も駄文をつらつら。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

P.S

くだらないことばかり書いて、肝心なお知らせを忘れるところでした。

「COPCRAFT」第二弾PV公開です!

 

 

現在ノリにノッてるオーイシマサヨシさんの主題歌「楽園都市」も素晴らしく、

世界観ピッタリ!

一視聴者として、放映がいよいよ待ち遠しいです。

ぜひ、ご期待ください!

ちょっと昔のお話

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 16:31

こんにちは。

整形外科で腰と右足に電気を流すのが至福の時間になっている猫の手でございます。

そこへ、今月からは週末のCATVで「メンタリスト」の二カ国語版再放送が第1シーズンから始まって、音響監督の名演技に聞き惚れる楽しみが増えました。

やっぱいいな、パトリック・ジェーン。

これからしばらくは、週末が楽しみです。

 

さて、今月は総務、経理方面では大したイベントもなく、COPCRAFT制作の方もわりと順調に進んでいるようです。

社長のデジタル化に関する一連のエントリーでもわかるように、制作は外回りが減った分、中で様々な仕事をこなせるようになってきているので、制作進行とか、設定制作とか、今までの制作部門の括りでは単純に収まらない独特のフローが構築されつつあるようです。

昔はフリーの制作なら別会社の作品を掛け持ちで3〜4本回せて当たり前みたいな時代もあったようで、随分稼げたろうと思います。

でも、今はそれだけのノウハウを蓄えた制作が減ったことや、経営側も自社内で制作工程を完全に管理する方向へ動いているようなので、今後はワークフローも劇的に変化して行くのではないかと想像しています。

 

思い出してみると、弊社は本当に運に恵まれていました。

 

インテグラルタワーにいた頃、突然社長から、

「来月までに引っ越し先探して!」と言われて、ギョッとしたものです。

荻窪のフロアに合わせて人員も大量に補充していたし、その中には、後にWUG新章のキャラデザ、作監をつとめた菅原さんもいました。

もう、以前の田無のスタジオへ戻ることは出来ません。

それでも、監督、社長たちの希望で田無にスタジオ物件を探して欲しいと。

ネットを使ったり歩いて不動産屋巡りをしながら、何かあったんだな、と思いましたが具体的なことは聞いていません。

会社の移転といったら、まずは今後の方針を検討しつつ、その方針に合った物件を最低でも半年はかけてじっくりと探すのが普通だと思っていたので、さすがに焦りました。

とりあえず社長が急いでいることだけはわかったので、猫の手も必死で探しました。

もちろん、田無を。

 

ですが、オフィス専用のビルが即入居可になっていることは極めて稀で、大抵はスケルトン状態ばかり(つまり、引っ越し前にリフォームが必要)だから、そもそも2ヶ月という期間が無謀だし、お金もかかってしまいます。

何週間か歩き回りネットを漁ったりもしましたが、良さげな物件はみな居住中か、先客アリのものばかり。

まさか使用中の会社をこっちの都合で追い立てるわけにはいかないし、先客ありの物件が破談になるのを待っている余裕もありません。

しかたなく検索範囲を広げたところ、いきなり新着でヒットしたのが現在いる武蔵関のスタジオでした。

リフォーム済で広さも当時としては充分。

 

 

反射的に仲介会社に電話していました。強烈に印象に残った担当の言葉が、

 

「よく気がつきましたね。20分前に上げたばかりですよ」

 

この瞬間、頭の中から田無は吹っ飛びました。

実際見に行ってみると、上の階がジーベックさんの練馬スタジオ。

しかも、床はOAフロア。

もうこれ以上条件の良い物件を見つけるのは不可能だと判断し、社長と監督にも見てもらい、納得してくれないようなら説得するしかないと思いました。

監督はやはり田無の自宅から武蔵関への移動時間が勿体ないというので渋い顔でしたが、社長の方が気に入ってくれ、監督を説得してくれました。

 

デジタル化を進める過程においても、これが結果的に幸運をもたらしました。

社長のエントリーにもあったように、デジタル化へ初手の機材投資費を捻出できたのは練馬区にアニメ産業特別貸付けという融資あっせん制度があったからこそで、当初の目論見通り田無にスタジオを構えていたらこれは利用できなかったわけです。

結局、今のスタジオを選んだからこそすんなりデジタル化へ舵が切れたのではないでしょうか。(自画自賛)

さらに、床がOAフロアでなかったら、配線の類いもずっとややこしいことになっていたでしょう。

 

そして、先日。

ニュースになりましたが、ジーベックさんがサンライズさん傘下とIGさん傘下とに分かれ、それに伴い練馬スタジオは閉鎖。

上の階が空くことになりました。

他人事のように「どんな会社が入ってくるのかな」と思っていたら、大家さんからいきなり「3階空いたんだけど、使う気ない?」との連絡が。

オープンにして募集する前に、まずはミルパンセさんに、ということのようでした。

やはり家賃その他、支払い等すべきことをきちんとすることで、こうした信頼も醸成されるのだろうとほっこりしました。

ケイリXも交えていろいろ話していたようですが、どういう結論になったのかは、まだわかりません。

猫の手としては、もうすっかり窓際族で重要なお話には参加しなくなっているのですが、今後とも、弊社の未来を楽しみに見届けたいと思っています。

 

では、長々と駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

もじde あずき

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM